東京市場(1/24) 先物主導の一段高(の反動に注意)

本日の日経平均は続伸。来週のFOMCでの利上げ打ち止め議論への思惑から上昇したNYなりに堅調に寄り付くと、引けにかけては概ね27,300円台でしっかりと推移。終値27,200円超えは日銀ショック(12/20)以来。東証主力株は値がさ・ハイテク株を中心に買いが優勢。8035 東京エレク、9984 ソフトバンク、6857 アドバンテスト、6367 ダイキンなどが指数高を牽引。

中小型株は‘物色の二極化’が鮮明となる中、3446 ジェイテック、7037 テノ、4552 JCRファーマ、3896 阿波製紙、6627 テラブロープ、3935 エディア、4586 メドレックス、6521 オキサイド、4892 サイフューズなどに短期資金が流入。

日経 27,299円 +393、Topix 1,972 +27
日経先物 27,270円、為替 130.25円/ドル
NYダウ先物 33,725ドル -2 
big (4)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】

△ 2408 KG情報
22年12月期経常益は前期比8倍で着地。今期予想は9.8%の微増を予想。割り切り対象で軽めにケア。

△ 9227 マイクロ波化学、2980 SRE
散発的に触れているこれら「流動性高めの好トレンド銘柄」をお持ちの方は乗り換えの前に押し目買い増しからの検討がおススメ。Hennge(4475)の他、GS氏注力中のラクス(3923)、チェンジ(3962)も同様。

☆ 4169 EneChange
年末年始にテーマ化された防衛、子育て、パワー半導体に続き、EV関連への資金シフトが見込まれます。東京電力による家庭向け規制料金の引き上げ申請が報じられた(1/20)ように、4-6月の全国的な電気代の値上げに伴う岸田政権のEV充電器普及方針も追い風。

明日も小康状態で丹念に仕込みを入れながら、上昇時は脱力トレードで。

big (6)

☆ 9000番台スポット銘柄
1/17 + 1/20 ≒ 1,610円 → 1/24 1,709円 +99 6.1%上昇 
本日はノイズ(TV番組をきっかけとするチョウチン買い)が入った格好ですが、ポテンシャルの高さに変わりはないだけに、明日も現値水準は腰を据えて対処。

big (9)

■ 後記 : 日経平均のテクニカルは、リバウンド局面における第二の上値抵抗帯である27,100円台からの上抜けにより、28,000円水準までの「全値戻し」が視野に。よって、明日も日銀会合(1/18)後の強気スタンスを邁進。

ただし、27,000円台後半の戻り売りバイアス、米リスクイベント(ハイテク企業の決算、週末の12月PCEデフレータ、月末のFOMC)を踏まえれば、一段高を積極的に買い進むべき環境ではないため、以下の点に注意しながら駒を進めたいところ。
~(略)~

 
  (会員サークルより 
>>Sラボ参加案内

では 本日もお疲れさまでした。

☆ 9000番台はこちらで公開中!☆

 
 

Source: 株研究

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です