★ 本日の戦略 : 続・脇を締めながら‘物色の二極化’対策!

おはようございます。

昨日のNY株式市場は続伸。ウォール・ストリート・ジャーナル紙による「FRBは1月末のFOMCにて、今春に利上げを停止するために労働需要や支出、インフレの鈍化がどの程度必要かを検討し始める可能性がある」報道を好感して買いが先行。13時台に33,782ドル(+407)まで上値を切り上げた後、引けにかけては利確売りが重石となり、33,600ドル付近で取引を終了。ナスダックも利上げ打ち止め期待が追い風となり、半導体セクターを中心に主要銘柄が全面高。

NYダウ 33,629ドル +254
ナスダック 11,364 +223
米10年債利回り 3.522% +0.041
為替 130.66円/ドル
NY原油 81.63 -0.01
日経先物 27,150円 +270

big (5)

□ 本日の展望 : 買い優勢 - リスクイベントへの警戒感

NY株高を好感した堅調スタート後、引けにかけては今晩のマイクロソフトの決算、月末にかけての米イベントリスク(週末の12月PCEデフレータ、月末のFOMC)への警戒感が重石に。想定レンジは27,000~27,300円。

★ 本日の戦略 : 続・脇を締めながら‘物色の二極化’対策!

2023年版・初心者向けマーケットの定石!第1章 「2023年は米利上げのピークアウト期待で株は上がる!」でお伝えしたシナリオが現実化しつつあります。直近の日銀会合後の騰勢・テクニカル良化に順じた強気方針の経緯も踏まえ、本日も押し目買い・上昇時の売りすぎ注意にて対応したいところ。

ターゲットは、物色の二極化に備えた好トレンド銘柄を中心視。不用意な保有銘柄数の増加は避け、まずは持ち株の買い増し狙いからご検討ください。

※ 米重要イベントに絡めた下押しリスク、日経平均のテクニカル要因(27,100円台の上値抵抗感)などを念頭においた3割程度の余力維持、手仕舞い条件の徹底はそのまま。

★☆Sラボ3銘柄も小高い局面での買い増し狙いを中心とする昨夕の戦略を踏襲。本日からは、スピード感の探求を目的に☆新Sラボスポット銘柄の仕込みを開始!

【ウォッチ銘柄】

△ 1570 日経レバ
追加利確 → 下振れ時の買い直し狙いへ。

△ 9227 マイクロ波化学、2980 SRE
散発的に触れているこれら「流動性高めの好トレンド銘柄」をお持ちの方は乗り換えの前に押し目買い増しからの検討がおススメ。~(略)~の他、GS氏注力中のラクス(3923)、チェンジ(3962)も同様。

  (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 本日もよろしくお願いします。
         
   

Source: 株研究

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です