★ 本日の戦略 : リスク管理と仕込みを並行!

■ 週間展望 : 弱気優勢 ± 日銀会合・ドル円

米インフレ動向の鎮静ムードに伴う米金利の低下基調、日銀の異次元緩和の修正方針などを背景とするドル安・円高がネックとなる売り優勢の展開が本線。想定レンジは25,500~26,200円。

日銀金融政策決定会合(1/17,18)に関しては、先週木曜以降の日経安過程で「金融緩和策の更なる修正」の一定部分を織り込んでいるため、NY株の騰勢と灰汁抜け感がセットになる場合には26,000円台半ばまでの反発が視野に。

一方、短期的な上値メドとお伝えした「12月後半の下落幅のフィボナッチ押し水準:26,500円」を起点とするテクニカル悪化、以前として高水準の潜在的な売りバイアスなどを踏まえれば、先月20日に続く日銀ショック → 下落第三波入りによる25,000円台前半までの下振れ・個別全般の連鎖的投げ売りもリスクシナリオとして警戒したいところ。

big (3)

(補足)10月以降のドル円と日経(先物)の推移が示すように、ドル円と日経平均の関係に方程式のようなものはありません。10,11月は米利上げ打ち止め期待によるドル安主導の円高だったために、株価はプラスに反応。直近は日銀の超緩和政策の終了を見越した「円売り・日本株買いポジションの巻き戻し」による円高だったためにマイナスに反応しています。

よって、短期的には「円高→日本株安」に警戒しつつも、数週間後には「円高→日本株高」となるシーンも念頭にとどめおいてください。

□ 本日の展望 : 売り優勢 ± ドル円

先週末のNY株はインフレ懸念の緩和・米長期金利の先行き軟化思惑などを追い風に続伸したものの、日経先物は円高を嫌って前日比300円安となる25,780円で取引を終了。よって、本日は売り優勢で寄り付いた後、引けにかけても日銀会合(1/17,18)への警戒感が重石となる中、ドル円やNY株先物を睨んだ不安定な推移が予想されます。想定レンジは25,600~26,050円。
★ 本日の戦略 : リスク管理と仕込みを並行!

日銀会合における金融緩和政策の更なる転換 → 先月20日に続く第二次日銀ショック、日経平均の下押し・個別の連鎖的投げ売りなどに警戒すべく、本日は3割+アルファの余力維持、弱テクニカル銘柄の見切り ≒ 手仕舞い条件の徹底によるリスク管理を優先。

その上で、鋭角な日経下押しに際しては ★ 日経レバ(1570)の突っ込み買い、マイルドな地合いの上下に際しては好トレンド中小型株を中核とする強気策を邁進したいところ。

※ 戻り売りを検討しているストレス玉は早め手仕舞い → 日経レバの購入予定資金としてストックしておくのもおススメ。

【 ウォッチ銘柄 】 


△ 9227 マイクロ波化学
1/11 2,320円 → 1/12 2,745円 +425 18%上昇
会員サークルでは、先週末にて完全利確をご提案済み。YAC同様の割り切り対象として、2,300円台後半までの押し目買い・順張り対応で継続注視。

△ 6298 YAC
12/26 1,505円 → 1/11 2,029円 +524 34%上昇
会員サークルでは、☆★Sラボ銘柄を日経レバなど3銘柄に絞って年越し → 先週前半の利確、☆ ジェイテック(3446)への乗り換えを主戦略として対応。「高値持ち合いからの二段高」を期待していますが、先週末の経緯からは買い一巡後の急落リスクが高いと判断。目先は割り切り対象で継続注視。

△▼ 6199 セラク
23年8月期1Q決算は経常益が前年同期比約2倍で着地。好決算・貸借銘柄を空売りも含めた即転狙いでケア。9837 モリト、4439 東名、6165 パンチ工業なども同様。9560 プログリット、7807 幸和製作所、5527 プロパテクノ、3181 買取王国、7031 インバウンドテック、4490 ビザスクは割り切り買い狙いで注目。

『 逆風を生かして飛距離を伸ばす! 』


では 本日もよろしくお願いします。

    
 

<< Sラボ銘柄戦略の経緯 >>

12月前半以降は(周囲に先んじて)調整トレンド入りへの警戒を呼び掛けつつ、6298 YAC、4475 Henngeなどで10,11月の好ムードの余韻を享受。
 ↓
1月前半は、6298 YACの再戦狙いが奏功した他、9227 マイクロ波化学が2日で18%、☆ 3446 ジェイテックが3日で15%の大幅高に。

今週は・・・、連休明け(1/10)からの‘軽めの強気度アップ’方針が正念場を迎えているため、強引な勝負を避けつつも、上記アドバンテージを生かしていく予定です。※ 現時点での新規買い対象は★ 日経レバ(1570)を含めて、再度3銘柄まで集約中。

□ 年初の好地合いで何もできなかった

□ やるべき事の優先順位が分からない

□ 2023年こそは何かを変えたい!
☆★1/11-20スタートコースの新メンバー募集中!
    

Source: 株研究

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です