■ 午後の戦略 :手仕舞い条件の徹底で投げ売り連鎖をケア!

前場の日経平均は続落。先週末のNYタイムで加速した「円買い・日本株売り」を重石に25,748円(-371)まで下落すると、売り一巡後も概ね25,800円台で弱含む展開に。東証主力株は外需系を中心に売り優勢。

中小型株も幅広くリスク回避売りが浸透する中、4439 東名、6199 セラク、3608 TSI、7599 IDOM、6532 ベイカレント、7420 佐鳥電機、2471 エスプール、3656 Klab、3181 買取王国、4393 バンクオブイノベ、7388 FPパートナーなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : リスク回避ムード継続

今晩のNY休場の影響で先物での積極的な売買が手控えられる中、25,700-25,950円レンジでの持ち合う展開が本線。

■ 午後の戦略 :手仕舞い条件の徹底で投げ売り連鎖をケア!

日銀会合に絡めた全体相場の下押しや連鎖的投げ売りリスクには、手仕舞い条件の徹底と一定の余力維持でケア。攻撃面では、好トレンド銘柄の押し目買いと並行しながら、本日のような地合い悪化を生かした★ 日経レバ(1570)の買い増しを計ってください。

☆ 3446 ジェイテック : 参戦後15%高水準となった先週3,300円台までの上昇過程での利確後、本日の10日線水準までの調整は予定通り買い直し。

 (会員サークルより >>Sラボ参加案内

【ウォッチ銘柄】

△ 4385 メルカリ
旧Sラボ銘柄のスイング狙いで継続注視。フリー(4478)、勘助氏注力中のプラスゼロ(5132)も好ムード。

「損切りの決断ができない・・・」方は、Sラボ版マーケットの新定石!(7)ロスカットの考え方・作法をもご参考にしてください。※ 売却を決断したら「成り行き売り」が基本。

では 午後もよろしくお願いします!☆
     
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村   
      


Source: 株研究

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です