NY株展望 1/16-20: 上昇トレンド継続 ± インフレ動向・景況感

おはようございます。

昨日のNY株式市場は4日続伸。朝方発表された主要金融機関の決算における「景気の先行きへの不信感」を嫌気して寄り付き直後に33,915ドル(-274)まで下落。しかし、決算内容そのものは良好だった他、1月ミシガン大学消費者信頼感指数が12月の59.7、コンセンサスの60.5を上回る64.6の好内容で着地したため徐々に騰勢を回復。引けにかけては翌日からの3連休を意識して積極的な売り買いが見送られたものの、一日の高値圏で取引を終了。

ナスダックも続伸。主要銘柄は高安マチマチで推移したものの、アマゾン、エヌビディアが指数を下支え。日経先物は127円台まで軟化したドル円を重石に25,670円まで下落した後、25,700円台後半で取引を終了。

NYダウ 34,302ドル +112
ナスダック 11,079 +78
米10年債利回り 3.506% +0.059
為替 127.88円/ドル
NY原油 78.39 +0.98
日経先物 25,780円 -300

□ テクニカル : NYダウのテクニカルは右肩上がりの5日線をサポートラインとする上昇トレンドを継続。11月末高値の34,500ドル台が軽め、節目の35,000ドルが強めの上値抵抗帯として意識されます。

big (1)

【主な政治経済イベント】
1/16(月)NY休場(キング牧師生誕記念)
1/17(火)米1月NY連銀製造業景気指数、決算:ゴールドマン、モルガンスタンレー
1/18(水)米ベージュブック(地区連銀経済報告)
1/19(木)米12月住宅着工件数、決算:ネットフリックス
1/20(金)米12月中古住宅販売

■ NY株展望 : 上昇トレンド継続 ± 景況感

年初からの「債券買い(金利低下)・株式買い」トレードによる堅調地合いをベースとしながら、マクロ指標や企業決算を受けた景況感、FRBの金融政策への思惑などを加減した推移へ。想定レンジは33,800~34,800ドル。

金融機関の決算は序盤のJPモルガンの内容と反応を踏襲する傾向があるため、「中立 ~ 買い材料視」な反応が本線。ネットフリックスの決算もトレンド陰転力は限定的。

NY・FF連銀指数、ベージュブック、住宅関連指標に関してもインフレ鈍化傾向 → 株価の底上げ要因…が予想されます。ただし、供給サイドの正常化によるインフレ圧力の低下よりも、需要サイドの要因 ≒ 景気後退による物価低下の側面がクローズアップされる場合には、11月高値を意識した利確モード入り → 33,000ドル台半ばまでの下振れに警戒したいところ。

(会員サークルより >>Sラボ参加案内


週末も応援よろしくです!☆


来週の日本株展望は明日の更新予定です。

来週の戦略(抄)は1/15(日)15時配信の無料メルマガで!

         

mglogo_c3   
Source: 株研究

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です