東京市場(1/13) 日銀リスクへの警戒感

本日の日経平均は反落。前日までの5日続伸による売りバイアスの高まりに加えて、米12月CPIに起因するドル安・円高を嫌気して売りが先行。10時半以降も26,200円付近では来週の日銀会合への警戒感が重石となる一方、26,100円付近では底堅く推移。

東証主力株は金融株が買われたものの、自動車セクターを中心に売り優勢で経過。中小型株は 3093 トレファク、2222 寿スピリッツ、6323 ローツェ、3760 ケイブ、7771 日本精密、5240 MONOAI、5129 Fixer、5127 グッピーズ、5243 NOTEなどに短期資金が流入。

日経 26,119円 -330、Topix 1,903 -5
日経先物 26,080円、為替 129.26円/ドル
NYダウ先物 34,250ドル -69

big

■ 後記 : 今週の日経平均は、先週末からのリバウンド基調を継続して節目の26,500円超えを果たした後、週末にかけては日銀リスクを意識した戻り売り優位で推移。NY株は今晩の12月ミシガン大学消費者い信頼感指数や金融セクターの決算をも無難に通過すれば、来週も戻り歩調の継続が本命視される一方、日本株に関しては日銀金融政策決定会合(1/17,18)に絡めた神経質な展開に注意が必要となりそうです。

個別に関しても、昨日今日の軟勢からは油断は禁物。リスクシナリオ(日経平均の直近安値割れ → 連鎖的投げ売り)への対応を明確にイメージしつつ、26,000円付近までの押しは「利幅を大きくするための必要な調整」を念頭に毅然と対処していきたいところです。

では 今週もお疲れさまでした。

良い週末をお過ごしください。

「YAC、マイクロ波化学、ジェイテックみてたよ!」・・・こちらもよろしくです!☆
     
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村 
       

来週の展望は週末のコメントを参照ください。

来週の戦略は1/15 15時配信の無料メルマガをチェック!

     
mglogo_c3   

Source: 株研究

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です