午後の戦略 : 短期的な過熱感も念頭に!

前場の日経平均は大幅続伸。8月半ば29,000円台までの上方オーバーシュートの反動がECB理事会前後に一巡した流れを引き継いで寄り付き早々に28,500円の節目をブレイクすると、買い一巡後も売り方の買い戻しやチョウチン筋の買いが支えとなり、(10:30現在)28,000円台半ばでしっかりと推移中。東証主力株は指数寄与度の高い値がさ・ハイテク株を中心に買い優勢。 

中小型株は 7359 東京通信、7064 ハウテレビジョン、6561 ハナツアー、7901 マツモト、8202 ラオックス、5218 オハラ、3903 gumi、2353 日本駐車場開発などに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 買い優勢 ± 先物需給

節目の28,500円を意識した利益確定売りが重石となるものの、先週末のメジャーSQ通過後・週初の特殊需給の買い傾斜を追い風とする買い優勢の展開が本命視されます。

■ 午後の戦略 : 短期的な過熱感も念頭に!

右肩上がりに転じた5日・10日線なりの強気スタンスを継続。ただし、9月上旬までの下落要因とされた米10年債利回りの騰勢に変化がない中、3日で1,000円超の上昇には過熱感も否めないだけに、地合い無関係に停滞している弱テクニカル銘柄を中心にストレス玉は淡々とポジション縮小を計ってください。

好トレンド持ち株に関しては、テーマ性やテクニカル形状、流動性(売買代金)の分散などに配慮しながら、押し目買い・上昇時の売りすぎ注意スタンスを邁進。※ 持ち株の売却は利確よりも損切りを優先。

【ウォッチ銘柄】

△ 4344 ソースネクスト
GS氏注力中。勘助氏のケアネット(2150)を超える破壊力を見せていますね。イマジカ(6879)もまだまだ健在。

△ 4392 FIG、2930 北の達人
低位株の順張り割り切り対象で継続注視。

△ 3436 SUMCO
会員サークルでは先週のリバウンド過程で一時手仕舞いとしましたが、SOXが反騰色を強めているだけに半導体関連へは資金の一部を割いておきたいところ。※ Sラボ銘柄では広義の半導体関連として ☆ 日本航空電子(6807)、☆ 本日からの新銘柄でカバー中。

 (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 午後もよろしくお願いします。

「M&Aセンター、Wスコープ、スパイダープラスみてたよ!・・・こちらも是非!☆
   
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村           
Source: 株研究

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です