東京市場(9/5) 下げ渋り ≠ 底打ち感

本日の日経平均は小幅続落。先週末の米雇用統計後のNY株安、テクニカルと市場マインドの軟化を重石に9時台に27,511円(-139)まで下落すると、引けにかけては今晩のNY休場の影響による動意の乏しい展開に。東証主力株は高安マチマチ。

中小型株は 4165 プレイド、4170 Kaizen、4934 プレミアアンチエイジ、6081 アライドアーキテクツ、3782 DDS、3498 霞が関キャピタル、2138 クルーズ、6425 ユニバーサルエンター、6366 千代建、6786 RVH、1382 ホープなどに短期資金が流入。

日経平均 27,619円 -31、Topix 1,928 -1
日経先物(9月限)27,640円、為替 140.41円/ドル
NYダウ先物 31,347ドル +35
big (3)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】

△ 2929 ファーマフーズ
22年7月期経常益予想を1.47億円から12.64億円に大幅上方修正。割り切り対象でケア。8142 トーホー、7605 フジコーポも同様。

△ 5035 HOUSEI、3856 ABALANCE
地合い好転時のスピード感は相対的に優位と判断。割り切り対象で継続注視。低位株ではFIG(4392)、北の達人(2930)も同様。

☆ 6619 ダブルスコープ

9/1 2,350円 → 9/5 2,525円 +170 7.4%上昇

8/12発表の12月通期営業益予想は前期比約2.9倍。第3四半期(7-9月)からの新設コーティングラインの稼働、円安基調などを追い風とする更なる高成長が期待されます。全体需給の不安定さが継続する中、環境関連の一角への資金流入は継続中。先週末は信用取引での増し担保規制の解除が追い風となりましたが、節目の2,500円超えからは踏み上げも期待されます。

本日2,500円台での一部利確後、明日は2,2●0円までの押し目買い直しへ。

big (8)

     (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 本日もお疲れさまでした。

お帰り前にこちらも是非!☆

      

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ  
にほんブログ村
           

Source: 株研究

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です