本日の戦略 : 続・底打ちサイン待ちの慎重策 + アルファ!

おはようございます。

昨日のNY株式市場は続落。前日までの3日で約1,500ドルもの下落に対する反動にて9時台に31,900ドル台まで切り返したものの、先週末のパウエルショック、週明けのFRB高官の23年中の利下げ見送り示唆などを受けた債券売り(金利は上昇)・株式売りトレードが継続。一日の安値圏にて取引を終了。ナスダックもアップル、アマゾン、エヌビディアなどが売られて4日続落。

NYダウ 31,510ドル -280、ナスダック 11,816 -66
米10年債利回り 3.196% +0.086、為替 138.97円/ドル
NY原油 89.55 -2.09、日経先物 27,850円 -270

big (7)

□ 本日の展望 : 売り優勢 ± 先物需給

日経先物にサヤ寄せした続落スタート後、引けにかけてもリスク回避志向が支配する27,700~28,000円レンジの持ち合いが本線。米債券&日米株式先物での仕掛け売り加速 → 27,000円台半ばまでの下振れもリスクシナリオとして念頭に。

10:45発表の中国8月財新製造業PMIは昨日の中国当局のPMI同様の無風通過が本線。ただし、売りの‘建て前’として利用されるシーンには要注意。

★ 本日の戦略 : 続・底打ちサイン待ちの慎重策 + アルファ!

NYダウは“今週のNY展望”でお伝えしたテクニカル面での底値メドとした31,500ドル水準に到達してなお底打ち感は限定的。よって、本日も手仕舞い条件の徹底、ストレス玉の縮小を中心とする「下落トレンド継続」を前提とした守備的布陣を優先してください。※ 個別全般に連鎖的投げ売りリスクが高まっていますので、「最近はしっかりと経過しているから手仕舞い条件は後から考える」・・・はNG。

“逆襲への布石”はテクニカル面でのダメージの少ない銘柄群から、日経連動タイプと中小型株系の分散、テクニカル形状の分散などを意識したポジショニング → 押し目買い・上昇時の売りすぎ注意で対応。

☆★Sラボ新規買い対象2銘柄+既存の2銘柄も昨夕の戦略を踏襲。本日からはディーラー嗜好に追随した☆ 新スポット銘柄の仕込みを開始。

『今こそ何かを変えたい!』方はみんなで一緒に!

9/1-10スタートコースの新メンバーさん募集開始!
    

4343aquab02-001

【ウォッチ銘柄】

△ 5401 日本製鉄
トヨタ自動車(7203)との車用鋼材の値上げで合意。鉄鋼関連を幅広くケア。

△ 9468 KADOKAWA

全額出資子会社のフロム・ソフトウェアが中国ネット大手テンセントとソニー(6758)を対象に第三者割当増資を実施すると発表。

△ 4392 FIG
鮮明な業績回復基調に対する見直し買いに加えて、モバイルクリエイト、石井工作時代の仕手性発揮に期待。低位仕手株では北の達人(2930)も継続注視。


『  失敗をもとに日々アップデート! 』

本日もよろしくお願いします!☆
   
  
   

Source: 株研究

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です