東京市場(9/2) 安値買い機運 < リスク回避ムード

本日の日経平均は小幅に続落。直近4日で約1,000円の下落や今晩の米8月雇用統計を意識した売り方の買い戻し主導で寄り付き早々に27,772円(+110)まで上昇したものの、引けにかけてはリスク回避売り、香港株の急落などがネックとなり、概ね27,600円台で持ち合う展開に。東証主力株は金利騰勢を好感した金融株が買われた他は、外需系を中心に売り優勢。

中小型株も総じて冴えず、4165 プレイド、4170 Kaizen、6898 トミタ電機、2138 クルーズ、3370 フジタコーポ、4563 ダイオーズ、4385 メルカリなどに短期資金が流入。

日経平均 27,650円 -10、Topix 1,930 -5

日経先物(9月限)27,660円、為替 140.35円/ドル
NYダウ先物 31,591ドル -72

big (16)

■ 後記 : 今週の展望にて「8月半ばの上方オーバーシュートによる29,000円超え、直近のFRBの利上げピッチ減速期待による反発相場などの反動による売り優勢の展開」を本命視した日経平均は、想定レンジ下限の27,600円付近で取引を終了。

来週の見通しについては、今晩の米8月雇用統計後の相場つきを確認した後に週末中にまとめますが、テクニカル面での底打ち感の希薄さ、来週末のメジャーSQに絡めた先物需給の乱れやすさを踏まえれば、売買戦略については「底打ちサインまでは守備的に」の継続が得策。

個別に関しては、☆ 昨日からの新銘柄が大幅高となったように、工夫のしがいのある相場環境とみていますので、機を見て敏に動いていく予定です。

  (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 今週もお疲れさまでした。

お帰り前にこちらも是非!☆

      

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ  
にほんブログ村

来週の戦略(抄)は9/4(日)15時配信の無料メルマガで!

        

mglogo_c3    

Source: 株研究

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です