午後の戦略 : 一段安への警戒 → 的を絞った打診買い!

前場の日経平均は急落。先週末のパウエル・ショックがネックとなって寄り付き早々に節目の28,000円を割り込むと、前引けにかけても27,800円台で軟調に推移。東証主力株はほぼ全面安。中小型株も連鎖的に投げ売りが拡散。

□ 午後の展望 : 売り方優位の波乱含み

下げ止まり感の欠しいNY株先物、実需筋のリスク回避ムードが重しとなる27,700~28,000円レンジの推移が本線。売り攻勢による27,000円台半ばまでの下振れにも要注意。

■ 午後の戦略 : 一段安への警戒 → 的を絞った打診買い!

日米株価指数の下げ止まり感は限定的なため、一段安を視野に入れたリスク回避策を優先。継続予定銘柄に関しては事前に設定した買い条件内を毅然と対処。

☆ 日本航空電子、☆ SUMCO、☆★先週後半からの新銘柄も従来戦略を踏襲。

 (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 午後もよろしくお願いします。
     
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村          
Source: 株研究

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です